スピリチュアル庶民が考える、「新型コロナウイルス感染が流行している理由」と「自粛期間に片づけておくべきこと」(3)

怪しいお話
スポンサーリンク

(1) (2) (3)

前回のおさらい*

今回、新型コロナを流行させた原因であるエネルギーから、今後次々と発生してくるであろう出来事たちを、より安全に豊かに切り抜けるためには、目に見えない場所にある情報を知り準備しておく方法も有用です。

自粛期間に片づけておくべきこと(2)

3次元の縛り

もし、スピリチュアルに救いを求めて、望むような結果が得られないなら、その理由は、スピリチュアルに向きあう姿勢が受け身(本当に必要なことを何もしないで、救いだけを求めている)だから、だと(個人的には)思っていますが、実は、

それも、しょうがないかな……

と思う部分もあります。

この世界で肉体を着ている時点で、我々には3次元の”縛り”がありますが、高次の事象は3次元的認知では把握しきれません

数学や物理学は有用でしょうが、そこで得られる解を、ごく日常的な悩みに直接応用するのは難しい

3次元から解放されれば高次を把握できるので、瞑想や直感を用いる、つまり「自分の心に聞く」のは確かに方法としては正しいですが、

認知プログラムに”バグ”を持たない人間などいない(バグがなかったら「学び」にならない)ので、スピリチュアルなセンスかバックボーンがあるか、”イレギュラー”な精神状態にないと、「正確に」自分の心に聞くのは、なかなか難しいかもしれません。

非常に有用だけど使い方が分からない道具」を渡されたところで、何のイメージも持てなければ見通しが立つわけもなく、能動的になれるはずもない……ような気がするのです。

まあ、これがダメでも、たとえば般若心経の「空」や「無」など、救いをもたらすツールはスピリチュアルには無限にあるのですが

高次から情報を取り出す簡易的な方法

瞑想や直感を用いるのが難しい場合、(ある程度)有用な、他の方法があります。

それは、

「今、どのようであるか」に注目すること

です。

今ある、まさにその状態

には、

そのおおもとになったエネルギーが三次元化した結果

なので、「目に見える姿」には、必ず、目に見えない場所の構図やキーワードが含まれています。

だから、目に見えるものを正確に分析すれば、それを生み出した”見えない部分”が推測できるわけです。

というわけで次回は、目に見える現象を、

・新型コロナウイルス(の感染)

・ステイホーム

・経済への影響

という3つのテーマに絞って、背後にあるエネルギーの内容について考察したいと思います。

HOME

Translate »