スピリチュアル庶民が考える、「新型コロナウイルス感染が流行している理由」と「自粛期間に片づけておくべきこと」(5)

怪しいお話
スポンサーリンク

(1) (2) (3) (4) (5)

前回のおさらい*

新しい時代のエネルギーは”水瓶座”的なので、水瓶座のキーワードに沿った思考や行動をすると、これまでより楽に成功に近づけ(る可能性があり)ます 。

水瓶座のキーワード

時代のムードを読んで、波に乗る」のは一般的な成功法則の一つですが、わざわざ自分で情報を集めたり分析しなくても、スピリチュアルから簡単にヒントを得られ(ることもあり)ます。

読んで下さっている方のお役に立つよう、以下に「水瓶座のキーワード集」を挙げておきます。

あなたの願望にこれらのキーワードを取り入れると、時代のエネルギーに同調しやすくなるため、より楽に成功に近づける、と思います。

「個人」「個人主義」 「自由(な活動)」

「エキセントリック」「ユニーク」「独創性」

「合理性」「理論」「客観性」

「情報」「(最新)テクノロジー」 「革新」

「友情」「平等」「共存」 「人道主義」

「コミュニケーション」「ネットワーク」

体の部位だと「足首」「ふくらはぎ」だそうです。

水瓶座の”成熟”

水瓶座の性質

実は、水瓶座のエネルギーを使うには注意点がある、と思っています。

それは、成熟した視点が不可欠ということです。

占星術に詳しい知人によれば、たとえば「個人」というキーワードでも、水瓶座は他の星座のように我を押し通したり自己中心的ではなく、自己を確立しながら、全体との調和を図るような意味合いになるそうです。

一つ前の星座である山羊座(キーワード:「社会的地位」「権威」「達成」)の影響から、水瓶座の前提には「集団(全体)」の概念があるからだそうですが、エネルギーの性質から考えれば、水瓶座のキーワードは、自分だけでなく他者にも利益があるような、

”win-win”な目的

に用いた方が、結果が出やすいと思います。

実は、そう思うきっかけになった出来事があります。

水瓶座の「友情」と「コミュニケーション」

これは、あくまでも私の知覚に基づく見解です。

私が少し前まで属していたとあるコミュニティに、小奇麗な身なりでコミュ力が高く、自信に満ちた態度で、安定感があるように見える若い男性がいました。

彼は、今の仕事は次へのステップと公言し、友人たちと(緊急事態宣言が出ている中でも)広く、密に交流していました。

時々聞く噂では、彼は、仕事で上司にアピールしたり、目につく場所の体裁は整えるけれど、早急な対処が必要でも目立たなければ後回しにする(周囲の我慢を強いる)、よく言えば”要領をかます”タイプのようでした。

現在、彼は順風満帆にみえますが、彼はすでに”本人にとって不本意かもしれない”出来事の種を孕んでいるかもしれません。

私がそう感じたのは、

彼がコミュニティの中で、価値の表現と価格を大幅に水増しした商品を仲間外に売り、自分と仲間内だけで実益を共有するシステムを巧みに構築している、

本人的には”運営”という名目と認識らしい

という話を聞いた時でした。

他にも良くない話を聞いた中で、なぜ”それ”なのだろう、としばらく考えていましたが、ある時、彼の「友情」や「コミュニケーション」は「身内主義」で、来る水瓶座のエネルギー「平等」や「利益の共有」と合わないからかもしれない、と思いました。

個人的な推測はともかく、今、彼自身が目に見えない場所に増大させ続けている”もの”は、この先も修正されない限り、いつか”物理的に”適切な時期に臨界点に達し、適切な内容で現実化するでしょう。

責任ある「自由」

これも個人的な意見ですが、成熟した視点を持つ水瓶座の「自由」は、責任を伴った自由「自立」だと思います。

長引く自粛のせいで経済が受けている打撃は厳しいですが、我々が政府や会社からの支援を漫然と求めるのではなく、能動的に制度を活用したり、情報やアイディアを駆使して収入を得る工夫をする、なども、水瓶座のエネルギーを活用する方法のひとつではないか、と思っています。

これを読んで下さった皆様とともに、新しい時代を軽やかに進んでゆけることを心から願っています。

HOME

Translate »