スピリチュアル庶民が考える、「新型コロナウイルス感染が流行している理由」と「自粛期間に片づけておくべきこと」(1)

怪しいお話
スポンサーリンク

現在、私が新型コロナウイルス感染の流行(以下、「新型コロナ」)を「改善の指針」としてプラスに捉え、実際に行っている「具体的なポイント」について書いてみたいと思います。

スピリチュアルな立場に基づく着想ですが、スピリチュアルは「根源的」ではあるけれど、唯一や絶対の解決方法とも限らないので、役に立ててくださる方の参考にしてもらえれば幸いです。

新型コロナウイルスが流行している理由

なぜ災厄が起こるのか

結論から言えば

「目に見えない場所にある”流れ”が、現実化した結果」

だと思っています。

新型コロナに限らず、この世にある全てのものは、

目に見えない場所(高次元など)にあるものが三次元の形で表現されたもの

です。

この世の全ての物質も出来事も、それ自体は本来、良くも悪くもなく、「ニュートラル」です。

良い/悪いを判断するのは人間です

とはいえ、私も一般庶民なので、この状況が長期化することで被り得る不利益はありがたくない。

だから、自分が知っている、目に見えない場所にあるものの性質と、それが現実化する時の”法則”を利用して回避しよう、と目論んでるわけです。

新型コロナの根源

こちらも結論から言うと、

見えない場所のエネルギーに発生した「もの」

だと思っています。

スピリチュアル業界では昨今、

見えない場所にあるエネルギー(全てのおおもと)には、目に見える場所と同じく、いわゆる”四季”のような周期的な移行があり、

そのうち周期が長い(人間の感覚で)もののいくつかにおける”変わり目”が西暦2000年前後(2024年ごろまで?)に重なっている

という説をよく見かけます。

個人的な実感から、見えない場所の移行の変わり目には、(三次元の流体と同じように)エネルギーによどみや渦のような何らかのイレギュラーが発生する、と予想していますが、

それが今回はたまたま新型コロナという形で現実化し、

だから今後しばらくは(別の形かもしれないけど)同じ構造の出来事が無数に起こるだろうと予測しています

また、周期が長いものが関係しているので、より広範囲で影響力の大きい現象になった

つまり、

新型コロナは、目に見えない場所の”移行”を反映している

と思っています。

見えない場所の流れ

スピリチュアル的視点から新型コロナ対策を行う時、有用(だと私が思っている)キーワードを挙げてみます。

ただし、当方不勉強につき、さらに詳しく知りたい方は各自ググってください。

アセンション

簡単に言うと、ニューエイジ方面が提唱している「フォトンベルトが地球を覆うことによって次元が上昇し、生命体の意識に霊的進化を促す」という話で、それによる影響については諸説あるようですが、今のところ個人的に実感あるのは、

アセンションが進行すればするほど、ものごとが現実化するスピードが速くなる

という部分なので、今回はとりあえず上記のみご紹介します。

水瓶座時代

「水瓶座時代」を調べると、

・春分点が西暦2000年頃 、魚座から水瓶座に移行した

実際は(天文学的には)まだ500年くらい先らしいが

・2020年に水瓶座でグレートコンジャンクション※が起こる

※複数の外惑星が一つの星座に集結すること

の二種類の説が出てきますが、いずれにせよ、流れが切り替わった後の見えない場所のエネルギーのテイストは”水瓶座的”であると読み、この先、より軋轢を避け、より流れに乗りやすくするためには、

「水瓶座の象意を踏まえた思考/行動」を心がけるとよい

だろう、と思っています。

続きます

HOME

Translate »