白カビチーズの特徴を持つブルーチーズ

食費月額3万円
スポンサーリンク

半額のブレス・ブルーに遭遇しました。

ブレス・ブルー、またはブルー・ド・ブレスはフランスのブレス地方で生産される、白かびチーズの特徴も持つブルーチーズ。

外見は白いカビを帯びており白かびチーズのように見えるが、カットすると内部には黒っぽいアオカビが散っていることが確認できる。
味わいはゴルゴンゾーラに似ておりアオカビの辛味もあるが、「マイルド」で食べやすいと評価される。

起源は第二次世界大戦中であるという。イタリアからゴルゴンゾーラの輸入が止まったため、ブレス地方のフランス人が自分たちで作ろう、ということになり在住のイタリア人に製法を聞き試行錯誤して作成したのが始まり。

引用元:https://ja.wikipedia.org/

外装を取るとこんなかんじ

見た目は、白カビチーズですが、

中は、青カビです。

たしかに、ゴルゴンゾーラに似たところありますが、ゴルゴンゾーラほど塩気やエッジが効いていないので、食べやすい。

冷蔵庫にあるもので、オードブル風にしました。

大皿の手前は、半額のたらこと特売のジャガイモでタラモサラダ

クラッカーは、ウォーターシンズのペッパー&チャイブですが、

100円分の金券を使ったので、実質ほぼ半額

なんとなーく、味にまとまりがなかったので、別の日にナッツとドライフルーツ入りのリュスティックと合わせたところ……

小夜「これが正解!」

友人「最適解!」

トマトジュースと一緒に朝ご飯

と、意見の一致を見たのでした。

やっぱ、青カビとチャイブは、どっちも個性が強すぎますね。

でも、匂いの強いものって、なんでこんなに美味しいんでしょうね♡

キムチや納豆は苦手ですが、臭いチーズは好物です

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

料理が面倒な日は便利です。(初回割引あります)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

HOME

Translate »