娼婦風のスパゲッティ

食費月額3万円
スポンサーリンク

友人から届いた救援物資の中に、オーガニックのトマト缶が入っていました!

やったー!これ絶対うまいやつ!(・∀・)ピカー

先日のオルゾで残った黒オリーブが、開封からの日数的にかなりヤバいので、プッタネスカにしました。

一缶税込み162円は破格だけど、瓶入りじゃないのが惜しまれる

プッタネスカはイタリア語で「娼婦風の」だそうで。

娼婦が客を取る合間に手早く作っていたから、とか、娼婦のように”手軽で美味しい”から、とか、由来は諸説あるようですが、とにかく美味いのだけは確かです。(๑´ڡ`๑) ♡

レシピはここを参考にしていますが、より本式?だと、パセリのみじん切りを入れたり、トマト缶じゃなくトマトソースを使ったりするようなので、好みに合わせて随時バージョンアップしてください。

ただし、これだけは忘れちゃいけないのが……

炒めたパン粉!

(本当はオリーブオイルで炒めるけど、カロリーが気になるので乾煎りしました)

これがあるとなしでは大違い

めんどくさくても、ひと手間を惜しまず煎り煎りしましょう。

あと、今うちには今フェデリーニ(1.4mm)しかないですが、ソースとの相性を考えると、太めのパスタ推奨です。

じゃーん!マジで一瞬でできます。

ソースを雑に絡めたので見た目がちょっとアレ(サムネイルは別日の分)

パン粉を、ドバドバかけるのが好きです♪(邪道)

余談ですが、プッタネスカにはトマトソースを使わないバージョン(プッタネスカビアンコ)があるのですが、レストランで注文して意気揚々とフォークとナイフを握りしめ、テーブルに運ばれてきた皿を「いざ!」と覗き込んだら、

あっ……赤くない……

となって、ガッカリ感が半端ありません。

客単価の高いレストランであるほど遭遇しやすいトラップな気がしますが、どうかそこはトマトでひとつ。

差別化は、他の部分でお願いしたいでござる。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

楽して美味しい!(๑´ڡ`๑) しかもお安い!(初回割引あります)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Translate »