決められない女(3)

怪しいお話
スポンサーリンク

(1) (2) (3)

私は、いわゆる「気(エネルギー)」に敏感なタイプの人間です。

それは私の”スキル(そのうち書くかもしれません)”と関係しています。

ともあれ、私には、これまで自分が知覚した他人の「気」と彼らの行動を関連付けた記憶の蓄積があります。

以下は、私が読んだ彼女の気(以下、「エネルギー」)を基づく視点の話です。

結論から書きますが、私のスキルの観点からいえば、今、彼女が解決すべき問題は、本当は「騒音」ではありません

本当に解決するべきは、それを生み出した「彼女の中のエネルギー」です。

彼女の現状を正確に表現すると、

「音がうるさい家」に、「音に敏感な人が住んでいる」

です。

視点を彼女に移動すると、それが「騒音問題」になるわけです。

この世のどんな出来事にも、本来「良い」も「悪い」もありません

あらゆる出来事は、ニュートラルなただの「事実」です。

良いか悪いかは、人間が行った意味づけにすぎません。

(目に見える)出来事は、目に見えない場所にあるエネルギーが現象化したものです。

彼女の直面している状況を生み出したのは、彼女の内面にある、それに対応しているエネルギー(の部分)です。

さて。

今、彼女に「出来事」を生み出しているエネルギーは何かというと、

彼女の中に同時に存在する、「プライドの高さ」と「自信のなさ」

だと思います。

彼女は、自信がないから、能動的に調べたり、主張ができない。

でもプライドは高いから、不満なできごとが起こると、強い怒りを感じる。

彼女が、嫌な出来事や人をやり過ごす主な方法は、おそらく

「許して”あげる”」「我慢して”あげる”」

でしょう。

自分の許容限度を超えた人には、拒絶など、無言のアピールをするかもしれません。

彼女に限らず、このタイプの人は概ね「察してちゃん」のような気がします。

不快な出来事は受け入れがたいけど、起こった出来事に働きかけたり、前もって対処することはできない。

だから、具体的な対策は他者に任せる(依存する)、ということなのかもしれません。

続きます

(1) (2) (3)

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
Translate »