サヨリとシマアジのお造り

食費月額3万円
スポンサーリンク

写真の日付は10/8なのですが、どちらも大変にうまい魚だったので記事にしました。

実食しました

半額のサヨリとシマアジに遭遇したので、ゲットしました♪

お皿に盛るとこんな感じ。

【サヨリ】は、噛むと「出汁」って単語が浮かぶくらい、独特のコクとうま味があります。

皮のあたりもまた格別ですが、鮮度が落ちるのが早そうなので、ポピュラーな食べ方である酢漬けが無難かも。

私は天ぷらが好きです。

シマアジ】は、隣で売られていた平アジ(熊本産)よりも元値が200円お高かったです。

アジ特有のコリコリした食感で、脂はサッパリと上品。

年を取ればとるほど、口が肥えていればいるほどウケそうな種類のうま味です。

お夕食はこちら。

夕方、おやつをたくさんいただいたので、炭水化物を抜いています。

とか言いつつ、右奥に写ってるのは酒ですが

左奥は、表面をカリッと焼いた厚揚げにネギとミョウガを載せ、だし醤油を垂らして酢橘を絞ったものです。

サヨリとシマアジのうんちく

サヨリについて

画像出典:https://www.zukan-bouz.com/

サヨリは、ボラ亜系ダツ目トビウオ亜目サヨリ科サヨリ属。

ダツ目といえば、サンマが有名ですね。

漢字で書くと、細魚針魚など。形状からの連想のようです。

旬は(晩秋から初春まで)。

鮮度を見分けるポイントは、「長い下あごの先の部分が赤いかどうか」(死んで時間が経つと色が消える)と、「えらが鮮紅色かどうか」です。

また、鱗が残っていると「釣られた」、残っていないのは「網で獲られた」ものだそうです。

身体のサイズによってエンピツやカンヌキなどのあだ名で呼ばれますが、寿命は2年なので、「カンヌキ」のような特大サイズのものは高級品です。

うわあ~~喰いてえ~~

身は透明ですが、腹を裂いて内臓を取ると腹膜が真っ黒なので(こちらに写真)、「外見と違って、腹黒い人」のたとえに使われるのだとか。

シマアジについて

画像出典:https://www.zukan-bouz.com/

シマアジは、スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科シマアジ属。

旬は初夏から秋

養殖が確立してやや値下がりしたもののスーパーなどに並ぶことはなく、また天然ものは非常に少なく貴重、釣りの世界では”スーパースター”の扱いだそうで。

また、「究極の美味(5つ星)」と評価しているサイトもあります。

めっちゃいい買い物したかも……

鮮度を見分けるポイントは、目が澄んでいる身体に張りがあるえらが鮮紅色ですが、 それってまる一匹を入手できて、しかも自分で捌けるのが前提の話なので、一般人の役に立つかは不明な情報です。

実は、個人的に驚いたトリビアが二つあるんですが……

一つ目は、「ギュウギュウと鳴く」

鳴くんだ!!( ゚Д゚)

どんなシチュエーションで?!

二つ目は、「体側に縦帯があることから『縞鯵』という」……ってことは、

こっちが縦なんだ!!( ゚Д゚)

頭とおしりの向きを考えたら、まあそうか?

この日の食卓は近年まれにみる至福だったので(こいつらの旨さは、どっちもガチです)、旬の時期には是非ともチェックをおすすめしたいです。

ちなみに、さよりは、今からが旬ですよ!レッツ捕食!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

ものごとがうまくいくもいかないも「自分自身のエネルギー」ひとつにかかっていますが、エネルギーを養う大きな要素は「食」です。

手かかけられない時もあるでしょうが、手を抜くとてきめんに運気もQOLも下がります。

宅食は手っ取り早く”ちゃんとしたもの”が食べられるので、スピリチュアル面でもおすすめです。

一食(主食+副食+デザート)が500円ちょっとからの値段なので、冷蔵庫に常備しておくと便利です。

ちゃんとしたご飯を食べると運気が上がるよ(本当の話)。

HOME

Translate »