スピリチュアル庶民、宗教の勧誘に捕まる(前)

怪しいお話
スポンサーリンク

捕まった経緯

実はスピリチュアル庶民、まあまあ健脚です。

外出時、2~3km程度の距離ならスニーカーを持参して歩きます。

その日も、家から2kmちょい離れた隣駅(大きな駅ビルがある)の輸入食料品店まで徒歩で行き、特売と値引きの品をがっぽりせしめてほくほく顔で帰る途中、ふと気が向いたので大型スーパーマーケットで焼売とおこわを購入して、イートインコーナーで文庫本片手におやつタイムを楽しんでおりました。

今回の勧誘の手口①

横のテーブルにアジア人女性が座っており、なんだかこちらをチラチラ見ているような……

と思っていたら、突然、スマホに表示した「神社」の文字を見せられ、たどたどしい日本語で、どう発音するのか聞かれました。

「”jinja”ですよ」と答えて読書に戻ったら、しばらくして再び、「神社」と「」を並べて表示した画面を見せられ、日本人は神に願い事をする時、神社と寺のどちらに行くのか聞かれました。

これ、実際に答えようとすると案外難問です

人によるだろうけど、神社かな」と答えたところ、あまり伝わっていなかったので、英語を交えて説明すると(最初、フィリピン人かと思った)、彼女はおもむろに、

私は中国人で、仕事で日本に来ていて、日本語を勉強中だ、

と自己紹介を始めました(英語は流暢)。

私は、人から話しかけられ易いタイプなので、さほどの違和感も感じずふんふん聞いてたら、いきなり、

私はお願い事があるとき、イエス様に祈る、

今回の転職も神が叶えてくれた、

イエス様はお願いを必ず叶えてくれる

と言い出しました。

(́◉◞౪◟◉) ええー……?

そっちですかい

と思い、さっさと飯食ってここを出ましょう!と即決したのを見透かしたかのごとく、彼女は、

中国の若者は神に祈らない

(「でも私は祈る」という文脈で)

と、まるでスピリチュアル庶民の目の前に人参をぶら下げるかのごときトピックを切り出しました。

まんまと捕まるスピリチュアル庶民

うって変わって、俄然やる気が出てきたスピリチュアル庶民が、

じゃあ、何に祈るの?

と聞くと、ニヤリと笑って、

「お金!」

と答えるので、詳細な説明を求めると、

病気になったら病院へ行く、

欲しいものがあったら必死で働く、

誰も神様にお願いしない

と言うではありませんか。

ほほう!!

大変、興味深い!!!

目的は布教だから、どーーーせある程度はデフォルメしてるだろう、と思って後から調べたら実はそうでもありませんでした(これ、興味深かったので後述します)

さらに突っ込んだ質問を試みるスピリチュアル庶民に対し、「いかに信仰は実益があるか」のみ熱く語り続ける彼女。

勧誘の手口②

そこに、もう一人の中国人女性が現れました。

ちなみに、どっちも握手は求められたけど自己紹介はされませんでした

そして、新しく加わった彼女はおもむろに、自分の父親が末期ガンにかかった話を始めました。

どんどんやせ衰え、ついには医者に見放されたけど、家族総出で神に祈ったらガンがきれいさっぱり消えたそうです

父の弟は、自分たち家族が教会に行くのを馬鹿にしていたけれど、数年後同じくガンを発症し、闘病むなしく亡くなった……

というエピソードに返す刀で私がした質問は、もちろん、

「What is your uncle’s faith?(あなたの叔父さんの信仰は何ですか?)」

に決まっています。

「中国における宗教の実情について、当事者の本音を聞きたい」スピリチュアル庶民と、

「日本人に、(多分あの)キリスト教を布教したい」彼女たち。

思惑の食い違う二者の攻防は続きます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

困った時は、美味しいもの食べてげっぷして寝たら治るよ!

開運は、まず健康的な食事から。健康的な食事から。大事なことなので2度言いました。

HOME

Translate »