イノシシ肉を2種類の餃子にする

食費月額3万円
スポンサーリンク

※注)今回、焼き餃子が大惨事です

イノシシ肉のミンチ(500g)を2袋いただいたので、1袋を餃子にしました。

水餃子と焼き餃子を作って、今回の週末女子会は餃子パーティーですよ!

   ハ_ハ
 (‘(゚∀゚∩ ですよ!
  .ヽ  〈       
    ヽヽ_) 

刻んで塩をしてしばらく置いて絞った白菜と、茹でて刻んで水分を絞ったキャベツに……

イノシシミンチを入れて、塩胡椒、醤油、ごま油などで調味した”基本のタネ”に……

にらを入れた焼き餃子バージョンと、

詳しい方には一目瞭然ですが、私は餃子を包む手が逆です。

白ネギを入れた水餃子バージョンを作りました。

さて……

お待ちかねの「出来上がり画像」ですよ……

じゃーん!!!

焼き餃子、腹部外傷によって死亡。

死因は、「『イノシシ肉は、よ~~く火を通して食べてね』と言われたので、焼くときに入れる水の量を倍にした」と、「手持ちのフライパンの径が小さかった(端が丸まった)」である模様です。

どうでもいい話ですが、皿に乗ったビジュアルを見た瞬間、

この猫↓

画像元:https://ac-chambery.com/

が頭に浮かびました。耳だね……

二度目は、きれいに焼けたけど……

皿に移すところで、全身を強く打って死亡。

どっちも味は美味しかったです。

さっ、気を取り直して水餃子ですよよよ~♪

どうよ、死んでない!えっ、そこ?

きくらげをみじん切りにして練りこもうか迷った末に、そのまま餃子と一緒に茹でましたが、練りこんでもよかったです。

餃子のタレ以外にも、鎮江黒酢や豆板醤、辣油や柚子胡椒、米酢などを用意しましたが、客人は、

「何もつけないのが一番おいしい」

と、そのままモリモリ召し上がっておられました。

イノシシ、めっちゃ味がしっかりしてるんですよねー。

さすが野生。

余談ですが、今回の”ご飯のお供”は、abemaTVで現在全話無料公開中(映画公開記念らしい)の「おっさんずラブ(リンク先は第一話)」だったのですが、女二人で山盛りの餃子を平らげつつ、大爆笑しながら一気見してしまいました。

かねてよりゲイの友人から勧められてたのに機会がなくて見逃してたんですが、そりゃ~ヒットするはずだわ、と思いました。

あと、ゲイにもウケるわけだわ

イノシシミンチ第二弾は、趣向を変えてイタリア料理予定です。

乞うご期待!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

【SAKEぐる】

を、時々おつかいものに利用していますが、お酒(日本酒、ワイン、ビール等々)とおつまみ(肉、魚、その他)の組み合わせを選ぶと、最高に美味なものを提案してくれるサイトです。

私はグルメな友人たちへの贈り物にしていますが、気の利いたものがお手軽に選べるので、義両親や上司など少し気を使う相手にも最適です。

実際に好評だったものの一つは、赤ワイン+(鴨とチーズとオリーブのハーブオイル漬けスモークミックスナッツ柿クリームチーズ)のセットですが、

4,860円(税込)で送料無料なので、おすすめです。

同じくらいの予算設定で、百貨店を探して回るのは大変ですしね(クール便代もかかるし)。

こんなかんじで届くので、開けた時のテンションも↑↑ですよん。

気の利いたものを探している方は、是非ご参考にどうぞ。

HOME

Translate »