イノシシ肉でパスタを作る

食費月額3万円
スポンサーリンク

以前、イノシシ肉を2種類の餃子(焼き餃子と水餃子)にした時、

肉だねが大量にできすぎて、包んでる途中で軽くトランス状態に陥った回

予告していた「イタリア料理」、イノシシ肉のラグーを作りました。

参考レシピはこちら

イノシシミンチ(到来物)に、ローズマリーとタイムを振り、赤ワインを浸かるくらい入れて軽く和え、冷蔵庫で寝かせます(今回は4時間)。

玉ねぎと人参とセロリを細かく刻み、

ごく少量オリーブオイルを引いた鍋で、焦げないようにじ~っくりじ~っくり炒め(フランス料理のスュエの要領ね)、

野菜の水分がいいかんじに引き出せたら、水気を切ったイノシシ肉を入れ、肉の色が変わったら赤ワインを入れて強火でアルコールを一気に飛ばし、

粗挽き塩コショウをしてから、トマト缶や香辛料を入れて煮込みます。

あとトマトケチャップも

焦げないように時々混ぜながら、弱火で一時間くつくつと煮込むと……

じゃーん!この通り!(^▽^)

肉とトマトによる芳醇な香りがたまりません

庭のローズマリーを飾って、ちょっとお洒落に♡

昨日の記事にも載せた、お誕生会の食卓はこちらです。

実は、ミンチを漬け込むとき、レシピより赤ワインを増量したのですが(煮込みながら味見して、慌てて調整するくらいw)、次の日~2日目くらいになるとこなれて、良い感じの奥行きになるので最高です!

そろそろジビエの時期ですね~。

ここ数年、自分の誕生日はレストランでジビエを食べて、次の一年に向けての滋養をつけているのですが、今年も猪食べたいなあ(鹿でもウサギでもいいですが)。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ

冷蔵庫にあると、何かと便利な宅食。

一食セットが500円くらいからで、材料へのこだわりはもちろん、糖質オフなど栄養バランスもばっちりなので、お忙しい方やお仕事のお帰りが遅い方など、ぜひどうぞ。

HOME

Translate »