あの方の金メダルは、もしかして?!「弓弦羽神社」(前編)

ご利益神社
スポンサーリンク

前編 後編

タイトルの”あの方”とは、「弓弦羽神社」の字面からなんとな~く連想される……

そう、ソチオリンピック、平昌オリンピック2大会連続優勝の羽生結弦選手です。

2011年7月にここを参拝し、2012年2月のソチで優勝されたことから、改めて、霊験あらたかとの評判がたったとか。

ま、一番の勝因は、ご本人の努力でしょうけどね。

今回私がここを訪れた理由はフィギュアスケートファンだから、ではなく、知人Aからとある話を聞いたからです。

Aの友達(仮にB子ちゃん)はこの近所に住んでいて、毎朝の出勤前に弓弦羽神社で参拝するのが習慣だったそうです。

半年ほどたった頃、たまたま境内で出会った男性と何気なく会話を交わしたことがきっかけで、その後お付き合いが始まり、なんとその年末に結婚したというのです。

ちなみに、弓弦羽神社のご利益は厄除開運・家内安全・縁結び・交通安全守護などだそうです。

おお、たしかに入ってる!

独身の不肖わたくしめも、ここはひとつ、神様へご挨拶に伺っておかなければ……!

ということで、場所は阪急御影駅から徒歩5分。

正面鳥居は敷地の南側にあるので、ご注意を。

こちらが正面。

鳥居をくぐってすぐ左手にある、樹齢370年の椋の木。神戸で最大らしいです。

境内には他にも、樹齢250年や450年の大楠など、パワーある巨木が多々みられます。

手水舎には……

しゅっとしたかんじの八咫烏さんが!(ここのシンボルなのです)

ちょっぴりおすまし顔で鎮座

八咫烏なので、ここはもちろん、熊野大神つながりの神社です。

祭神は、伊弉冉尊(那智大社)・事解之男命(本宮大社)・速玉之男命(速玉大社)と、熊野三山の神様たちです。

近づくとセンサーで水が出ます。

とある鳥のアスキーアート”を連想するなど、罰当たりなのでやめましょう。

真顔で水を吐く鳥様

手水舎の横には、愛犬専用水飲み場があります。奥の方のわんちゃんには、夜になると魂がこもりそうなリアリティが。

拝殿。

神社のマスコットキャラクター、ゆづ丸君です。ちょっぴりハシビロさん似?

看板で1本隠れてるけど、ちゃんと足も3本あります。

八咫烏といえば、日本サッカー協会のシンボルですが(スケートではなく)、境内をぶらぶら歩くと、遥拝所前に御影石で作ったサッカーボールが奉納されています。

写真多めなので、2回に分けます。

前編 後編

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
Translate »